業者へ依頼する

名刺を作成する際はフリーソフトを使用して自分でデザインを作成し、印刷をするという人もいますが、よりクオリティの高い名刺を大量に作成したいという場合は業者への依頼がおすすめです。

業者に依頼する業者に依頼するメリットとして挙げられるのはやはりクオリティです。見た目のデザインだけではなく用紙の手触りや重厚感、光沢感や耐久性などは自分で作成するようもよりよいものを作ることができますし、角を丸くする、会社名や名前を立体的に浮き上がらせる、切り抜く、変形させる、特殊なインクを使用するなど加工をすることができるのも業者の魅力です。

また業者によっては注文する枚数が増えれば増えるほど料金の割引を行っているところも多いことから、まとめ買いをすることでお得に名刺を作成することができる場合も多いです。この他にもオンラインでの注文で割引をしてくれる業者などもあります

ビジネスで使用する名刺は切らすことができないことから業者に依頼することで届くまでに時間がかかることがデメリットになるのではと思う人もいるのではないでしょうか。ですが近年名刺作成業者の多くは即日仕上げで対応しているところも多く、翌日には届くということも多いので安心して依頼することができます。

名刺を作成するポイント

顔や名前を覚えてもらう、会社の商品やサービスを覚えてもらうという意味でビジネス名刺を作成する際に重要なポイントとなるのが相手に情報をわかりやすく伝えることができるかどうかです。

名刺例えば、名刺によってどんな職種なのかなど仕事内容をわかりやすく伝えることはとても大切で、名刺を交換したときに名刺を見てどのような職業、職種なのかがわからないことには印象に残るのも難しくなります。シンプルなデザインを追求しすぎた結果、後で見返したときに職業がわからないというのはビジネスツールとして使用する名刺としては本末転倒です。

また名刺によってどのような人物かわかりやすいというのも大切なポイントです。名刺は会社だけではなく役職や個人名を入れて個人をアピールするツールでもあることから、名前もわかりやすく伝えることができるようなレイアウトや文字にするようにしましょう。名前には一番大きなフォントを使用する、漢字を使用している場合はふりがなを打つなどに配慮することで相手に伝わりやすくなります。

この他にも商品やサービスのセールスポイントをわかりやすくするというのも大切です。名刺の裏書きにアピールしたい商品やサービスを書いたり、キャッチコピーなどを書いて印象に残る名刺、次のアクションに繋がる名刺を作成しましょう。つづいては名刺作成を業者に依頼する場合について説明していこうと思います。

ビジネス名刺の役割

ビジネスにおいて欠かせないツールとなっているのが名刺です。特に営業マンや経営者の方は常に持ち歩いているのではないでしょうか。名刺には顔と名前を覚えてもらう、会社や商品、サービスなどを知ってもらう、次のアクションを起こしてもらうきっかけになるなどの役割があります。

名刺交換新社会人になるとまずはビジネスマナーの一貫として名刺の渡し方や受け取り方を勉強するということも多いです。名刺交換の研修は多くの企業で行われています。例えば、名刺を渡すときは相手が差し出した名刺の高さより低い位置で名刺を差し出す、名刺をテーブル越しに渡さない、ポケットや財布などから直接名刺を出さない、汚れている名刺や折れている名刺を渡さないなどのマナーがあります。受け取るときは相手の会社のロゴや名称の上に指をおいて受け取らない、目上の相手より先に名刺を受け取らない、相手の前で名刺にメモを書き込まないなどのマナーがあります。基本的には訪問者から目上の方の順で渡す、名刺を切らさない、いただいた名刺は大切に管理するなどが求められるのが名刺です。ただの紙切れを思っていると相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

名刺は多くの場合企業では決まったテンプレートがあることから自分で作成するという機会は少ないものですが、これから自分の名刺を作成する際には、名刺によって相手にどんなイメージを持ってもらいたいかを意識して作成すると名刺も重要なビジネスツールとなります。そこでここでは、名刺を作成する際のポイントや便利に利用することができる業者への依頼について紹介します。