ビジネス名刺の役割

ビジネスにおいて欠かせないツールとなっているのが名刺です。特に営業マンや経営者の方は常に持ち歩いているのではないでしょうか。名刺には顔と名前を覚えてもらう、会社や商品、サービスなどを知ってもらう、次のアクションを起こしてもらうきっかけになるなどの役割があります。

名刺交換新社会人になるとまずはビジネスマナーの一貫として名刺の渡し方や受け取り方を勉強するということも多いです。名刺交換の研修は多くの企業で行われています。例えば、名刺を渡すときは相手が差し出した名刺の高さより低い位置で名刺を差し出す、名刺をテーブル越しに渡さない、ポケットや財布などから直接名刺を出さない、汚れている名刺や折れている名刺を渡さないなどのマナーがあります。受け取るときは相手の会社のロゴや名称の上に指をおいて受け取らない、目上の相手より先に名刺を受け取らない、相手の前で名刺にメモを書き込まないなどのマナーがあります。基本的には訪問者から目上の方の順で渡す、名刺を切らさない、いただいた名刺は大切に管理するなどが求められるのが名刺です。ただの紙切れを思っていると相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

名刺は多くの場合企業では決まったテンプレートがあることから自分で作成するという機会は少ないものですが、これから自分の名刺を作成する際には、名刺によって相手にどんなイメージを持ってもらいたいかを意識して作成すると名刺も重要なビジネスツールとなります。そこでここでは、名刺を作成する際のポイントや便利に利用することができる業者への依頼について紹介します。